1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

特急おべんとう号 (福音館創作童話シリーズ)

特急おべんとう号 (福音館創作童話シリーズ)特急おべんとう号 (福音館創作童話シリーズ)
(2009/03/01)
岡田 よしたか

商品詳細を見る
まずはお弁当のおかずたちのマラソン。
それぞれの”具の特徴”を生かした走りが面白い。
お弁当といえば、おにぎりやウインナー、卵焼きといったところが定番だが
そこに「これおかず?」というものまで紛れ込んできて、おかず同士の小競り合いも面白い。
さて、トップでゴールするのはいったいだれなのか・・・。

2話目は『ネコ大災難』。
おなかをすかせたネコが金魚を食べようとしたことから始まる逃亡劇。
息子が保育園時代、一番好きだったお話。
ネコが必死で大きな金魚から逃げる様子が面白いのだそう。
こちらもネコの必死さが出るように、と思って読みましたとも。

最後は、マラソンに登場したおかずたちの遠足。
マラソンをがんばったご褒美に、特急に乗ってぽこぺこ山まで遠足です。
仲良く出発したと思ったら、電車の中でおかずたちの喧嘩が始まり・・・
ここでも「おかず?」といったキャラが登場。
さて、無事にたどり着けるのか。

なんといっても”絵”が最高ですね。
油絵タッチのおかずたちのリアルさと、話の軽さ、面白さとのミスマッチ感がおもしろいのです。

子どもに読むときには、”真剣に”読んで下さいね。
おかずたちの必死さが伝わるように読むと、子どもが喜ぶこと間違いなしです。
スポンサーサイト
【 2013/07/24 (Wed) 】 絵本 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。