1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

へんなかお!


2歳の娘が大喜び。
いろいろな動物が変な顔をしていくだけなのですが
それがいいみたい。
しかも、絵がかわいくないの(笑)
ほんとにへんなかお。
スポンサーサイト
【 2013/12/27 (Fri) 】 絵本 | TB(0) | CM(0)

ボブディランの絵本!?



ボブディラン、絵本描いてんの?
と、驚いた1冊。

ボブディランが描いたわけではないが、
彼の名曲『フォーエバーヤング』の訳詞とともに
さわやかな絵が加わった、素敵な作品となっています。

ロックと絵本の融合。
子どもが読んでも大人が読んでも楽しいと思う。
それぞれの年代で感じることが違うはずだから
希望に満ちた子どもたちにも読ませたいし
かつての懐かしい日々を思いだすのに
読んでもいいかなと思う。

中間点の私は・・・

まだまだ人生半分だから
これからの人生の「はじまりの日」を
思い描いて読みました。
【 2013/11/11 (Mon) 】 絵本 | TB(0) | CM(0)

胸が詰まる・・・


これは昔の話?
いやいや、これほどあからさまではないかもしれないけれど、
まだまだ世界中にある、差別の話。

肌の色が違うだけで差別するなんて
全く理解が出来ないけれど、これが現実。

パトリシアはお気に入りのワンピースをおばあちゃんに着せてもらい
ある”とくべつな場所”へ行こうとします。
その間、立ち寄った公園のベンチには「白人専用」と書いてあり
ホテルの入り口では白人お断りと文句を言われ
レストランでも白人と黒人が同じ席で食事が出来ない現実にぶつかります。

途中で心が折れそうになりながらも、
なんとかたどり着いたその場所は・・・。

そうだったんですね。
公共図書館というところは、誰もが自由に入ることが出来る
唯一の場所だったんですね。

図書館で、まだ2歳の子に読んでいたのですが
私の方がなんだかぐっときてしまいました。
小学生の上の子たちに読ませたいと思いました。



【 2013/11/03 (Sun) 】 絵本 | TB(0) | CM(0)

ぺろぺろキャンディー


お母さんはインドの人なのかと思ったらパキスタンだったんですね。
民族衣装を着ているのですが、絵がとても素敵です。

お誕生会に妹を連れて行くことがいいことなのかどうか、
よほど仲が良くない限り、連れて行かないかな、普通は。
だって、小さい子を連れて行ったら場違いだし、面倒見切れないし。
それでもお母さんが連れてくように言ったから、お姉ちゃんはちゃんと連れて行った。
けっきょくそれで悲しい思いをすることに・・・

端から見るとよくあるきょうだい喧嘩だけど
当人にしてみればものすごく大きな問題。
だって、だれからも誕生パーティーに呼ばれなくなるなんて・・・

それでもその”方針”を変えないお母さん、すごい。
同じことを、妹にも要求します。

自分が同じ目にあって、初めてお姉ちゃんの気持ちがわかる・・・
けんかを乗り越えて、ほんとに仲良くなった姉妹を見て
自分と妹の子どもの頃を思いだしました。



【 2013/10/21 (Mon) 】 絵本 | TB(0) | CM(0)

ヘビが主役のおしゃれな絵本



絵がとてもおしゃれなの。
主役がヘビって、ちょっと変わってるると思ったけど
おとなしくて賢いヘリクターは
すぐにみんなに愛されて、受け入れられている不思議なヘビ。

舞台がフランス、ってのがいいのかしら。
線の細い、繊細なイラストがとても雰囲気が良くて
子ども向けの本だけど、
イラストを見ているだけでも満足。
ヘビが寝ている、長いベッドがとてもかわいい。

セーターを編んでもらったり、
お散歩に連れて行ってもらったり。
みんなに大事にされて、
クリクターはとても幸せに暮らしたそうです。



【 2013/10/19 (Sat) 】 絵本 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。